2世帯住宅

世代も好みも違う親子が一緒に暮らす2世帯住宅には適度な距離が必要です。

親は加齢による先々への不安、子は持家実現の難しさ。両方が抱える問題を解決してくれるのが2世帯住宅です。

親子3世代の豊かな交流はうれしいもの。でも、たとえ親子といっても別々の暮らし方をする2つの家族。世代の違いはライフスタイルや考え方の違いを生み出します。四六時中一緒にいたのでは、だんだんと気遣いがたまってしまうことも。気兼ねのいらない2世帯住宅を実現するためには、お互いを思いやる配慮とともに、“ほどよい距離”が必要です。

2世帯住宅を建てる良さは経済的に楽なことの他にも、家族で助け合うことによって心と生活にゆとりが生まれ、より安心して毎日を過ごすことができます。

さらに大切なことは、時代の変化に関係なく、未来永劫伝えていきたい知識や想いを直接言葉で子や孫に伝承していけるということです。人生における訓示・仕事における経験・オカンの作る味噌汁の味・家事のちょっとしたテクニック・・・これらは全て、お金では買えない家族ならではの財産です。

ページトップへ